バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
1ヶ月ほど前に加工したDOHCヘッドを載せたAPEがやってきました。

同じDOHCのドリーム50とは違って勇ましい音です。


s-20091130104301.jpg

実際に乗らせてもらいました。慣らし中ということもあって回転はそんなに上げれませんでしたがなかなかトルクフルで気持ちよく試乗できました。
慣らしが終わったら僕のランナーと競争してみようかな?


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330
引っぱりに引っぱったポート加工編です。
(作業中は作業に没頭していますので途中の画像はありません)

まずは加工前のEXポート。
これを太黒線の大きさに拡大します。
DSC01157.jpg

いきなりですが、拡大したポート。
排気ガスの流れる具合を想像しながら削り込んでいきます。
DSC01164.jpg

そのUP画像。
まだこの時点では荒削りです。
DSC01165.jpg

で、もって排気側は鏡面加工します。
DSC01167.jpg

鏡面にした排気ポートのUP
DSC01166.jpg

吸気側のポートは拡大無しの鏡面も無し。
段差をとって滑らかに粗く仕上げます。
DSC01168.jpg

このヘッドを載せた車輌がどれくらい走るのか結果を早く聞きたいですね。


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330

さてポートを拡大加工する準備に入ります。
リューターで削るわけですから切り屑がたくさん出ますので、ヘッド本体についている色んな物をはずします。

カバー類を外してその中にあるバルブとバルブスプリングを・・・・・・?
リテーナーってこんなに小さいの?
まずい・・・。手持ちの工具では大きすぎて外せない。。
DSC01158.jpg

仕方ない。無いものは作ってしまえ!
と言う事でいい材料はないものか工場の中をあちこち物色。
リヤサスのブッシュに入れるカラーを発見!これは使えそうだ。
横からコッターを出し入れする為の切り欠きをサンダーで削って・・・と。
DSC01159.jpg

おお~、我ながらいい感じの特工が出来た!
DSC01160.jpg

工具があればこっちのもの。
コッター → リテーナー → バルブスプリング → バルブ → バルブスプリングシートと外して綺麗に並べておきます。
DSC01163.jpg

因みにこれのバルブがどれだけ小さいのか比較。
左)ゼファー400(2V)  INバルブ
中)キタコDOHCヘッド EXバルブ
右)キタコDOHCヘッド INバルブ
DSC01162.jpg

明日こそはポート加工編
続く・・・・。


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330

↑先に言っておきますが忙しさのあまり乱心したわけではありませんので。

ホンダの4mini縦型エンジン用の社外DOHCヘッドが今回の主役。
横から見たらミッキーマウスの頭のシルエットに似ている事から、こう呼ぶ人もいます。

オーナーは現在キタコのULTRA-SEヘッドの145cc仕様のAPEに乗られていますが、モアパワーを目指してヘッドを交換する事にしたそうです。DOHCヘッドAssy・・・約\200,000也

そのヘッドを購入したもののIN側のポートに対して、EX側のポートが余りにも小さいので拡大して欲しいと言う依頼です。


IN側のポートを見てみるとさすがに大きいですね。
DSC01156.jpg

で、問題のEX側ポート。。。。
このヘッドに付いているINバルブ1本位の大きさしか開いてません。
これはさすがに小さいような気がします。
実際に組む前に加工するのもどうかと思いオーナーと話し合いましたが、気になるものがある状態で乗りたく無いということで加工に踏み切ることにしました。
ただ大きくするだけでは芸が無いので、黒線の様にDタイプのポート加工を施します。
DSC01157.jpg

明日から実際に加工に入ります。
続く。。。


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330

以前の日記でも紹介したDAXドラッグレーサーもこの前のレースに参加したんですが、レ-ス中にクラッチの調子が悪いと言っておられました。
直前にミッションの歯を4枚交換してたのであまり気にはして無かったのですがレース後にエンジンを開けたら歯が一枚無くなってました。

このギヤは交換してなかったので疲労で欠けてしまったんでしょうね。
瞬間的にパワーを掛けるドラッグレースのすさまじさを垣間見た気がします。


ドグ部分にも若干の磨耗が見られたので噛み合うもう一枚のギヤもセットで交換です。
既に来年のレースに向けて走り始めています。


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330