バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
------------------------------------------------
7月1日のドラッグ友の会の2輪エントリー受け付け始まりました。
エントリーフィーは¥15000。3本の走行です。
タイムスケジュール的には午後からの受付で走行は3時位からになっております。
ふるってご参加ください。

------------------------------------------------


さて四国カルストを後にする前に高知の皆さんと記念写真。
s-7652594_1630807998_41large.jpg

日は前後しますが移動途中のスナップ。
s-7652594_1630808021_202large.jpg


夕方「ライダースイン四万十」に到着。
ツーリングをほとんどしたことの無い僕にとってライダースインに泊まるのは初めて。
それだけでもドキドキものです。
感じとしてはオートポリスのコースサイドロッジに似てるかな?
s-29630635_1635730986_7large.jpg



参加者の一人がこの日誕生日だったのでみんなでお祝い。
その後の祭りの様な乱痴気騒ぎに関してはとても記事には出来ません。
他の宿泊のお客様ご迷惑をおかけしました。
この場でお詫び申し上げます。



日も明けて、夢のようなツーリングもこの日が最終日です。

各々出発前に愛車を磨いてます。
s-29630635_1635730959_78large.jpg

フロントフェンダーに記念にと寄せ書き。
s-29630635_1635730933_249large.jpg

名残惜しいのか、それぞれの道中の安全を祈って抱き合ってます。
s-29630635_1635730944_29large.jpg

宿からフェリー乗り場まで急いで移動。
八幡浜から別府にフェリーで渡り九州へ帰ります。
s-29630635_1635730884_39large.jpg

別府を過ぎた鉄輪温泉あたりで北九州組と別れ、九州自動車道で九州南部組と別れ僕は独り福岡を目指して高速を北上。
途中ガス欠になりそうになりながら無事に帰ってきました。
s-DSC04335_20120513104244.jpg


よくよく考えてみると、バイクで九州を出たことが数回しかない僕にとって4泊5日の四国の旅は新鮮でした。
店を出して丸3年。
良くも悪くも調子に乗った3年が過ぎ、4年目に突入したこの春に起こったこの四国ツーリング。
参加者は僕以外はバイク関係ではない普通のサラリーマンばかり。
それでも皆創意工夫をして楽しむ姿に心打たれた5日間でした。


まだまだ人間修行の日々は続きます。


そして、このツーリングで出会った全ての人に感謝。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330

前回からの続き。。


高知組と合流した後はいよいよ修行の場「横浪スカイライン」へ。
ここ高知での先導役を買って出て頂いたのはNK-GARAGEさん一行。
要所要所を押さえての先導は素晴らしい!の一言。
信号等で隊列が切れても後方から次の先導役がサッと先頭に立って何事もなく先導役を務める。
あまりにも格好良すぎです。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
今回試乗させて頂いた各車のインプレッション。
の前に・・・・、今回各地から集まった車両を見渡すとコンディションの良い車両ばかり。
そんなバイクに試乗させていただくのは賛否両論あるかと思います。
あくまでも自分の責任において試乗させて頂くのです。
持ち主に敬意を払って、良く感じたところも悪く感じたところも自分が思ったままの事を相手に伝える。
場合によってはその場でサスのセッティングを変えたり、キャブを開けたり。
そしてレベルの底上げを図る。それがこの試乗会の目的です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

TOPバッターはやはりこの車両

まめしばGS1000
実は2日目にして試乗させて頂いていたまめしば大魔王のGS1000。
※例によって写真撮り忘れてました。まめしばブログより拝借。撮っているものだと思い込んでいました・・反省。

各部の作りこみは既にブログで周知の事実ですが実際に乗った感じとしては、すべてにおいてリニア。
入力に対して間髪入れずに反応します。
僕のほぼストック状態のZ1000Rとはある意味対極で、どう操作していいか模索している最初の時点では乗り辛く感じたものの慣れるにしたがって癖のないフィーリングにペースはどんどん上がっていきます。
積極的に動かせば動かすほどしっくりくるフィーリングはさすが!
全てがカチッとしてます。

もう少し長く乗れればもっと理解できるのでしょうがタイムオーバー。
しかし、この後・・・・・。
s-RIMG9618.jpg

海賊船長みずっちのGS1000
手の入れ方は基本的に僕のZ1000Rと同じ。
エンジンはストック状態。マフラーとキャブのみで流用ショック装着といったところ。
見た目のやれ方とは違い、これがなかなか面白い。
突出したところが無い分初めて乗っても違和感なく振り回せる。
よくよく見るとフロントのブレーキはディスクもキャリパーも変更されているものの主張し過ぎずにニュートラルなフィーリング。かといって効かないわけではない。
これは見習いたい。
s-DSC04328.jpg

tetsuさんのGX750
パッと見た目はストック状態のGX。
しかしよく見るとストレイガでワンオフされたW型エキパイが目を引きます。
オーナーさん同様にジェントルな仕上がり。
ポジションがストックなのでコーナーを責めるのは正直ちょっときついが白バイのようなリーンインで操作するとコーナーもしっくり決まる。
この3気筒エンジン独特な鼓動感もあり多気筒エンジンのようなスムーズさもある。
このエキパイによってそれが際立ったような感じがした。
s-DSC04327.jpg

にえさんのGX750
※また写真撮り忘れ。。本人様のブログより拝借。重ね重ね反省。。
またまたGX750。
こちらはエキパイはノーマル。しかし、ポジションはかなり戦闘的。
画像が小さく解り難いが、リヤショックの取り付けがホンダCB1300の旧モデルであったようなリンク式に変更されている。
実際に乗ると、このバイクがシャフト駆動だと言う事を忘れてしまう位かなりスポーティ。
このバイクには既存の常識は通用しません。
なめてかかるとブッチぎられます。。
s-moblog_70783af1.jpg

班長MさんのXJR1200
今回の参加車両の中では比較的年式が新しい車両。
見た目はマフラーとディスク程度の変更。
しかし、これが乗ってみると「あれ?XJR1200ってこんな感じだったかな?」と思うくらいスムーズ。
スロットルに対して反応がリニア。よく見ればレデューサーで減圧されている。
なるほど、こういう進め方もあるのだなと感心。
s-DSC04329.jpg

僕のZ1000Rに試乗された方の試乗記はこちら
tetsu room
http://fujitetsu.blog12.fc2.com/blog-entry-2056.html
にえガレのブログ
http://niegare.blog118.fc2.com/blog-entry-1263.html



横浪スカイラインでの試乗会を終えて四国カルストへ移動。
その道中、同じ九州組のCB750FBと交換して走行してましたがこのCBがまたすごく乗り易く楽しい。
先の交換試乗でキャブを弄ってたようですがそれが功を奏したのか以前よりも良い感じに。
他人のバイクと途中で思い出すまで自分のバイクのように乗れていました。
やはり交換試乗の効果って凄い。

途中休憩の一枚!素晴らしく気持ちの良い場所。
s-DSC04334.jpg
ここからの移動途中の信号待ちでまめしばさんから「Z1000Rに乗せて欲しい」と言われ二つ返事で快諾。
と言う事はGS1000に乗れる!!僕としてももっと乗ってみたかった車両。断る理由なんてどこにもありません。
後方から自分のバイクが走ってるのをみるのは新鮮。それにしても大魔王様は良いペースで走っています。
ペースが上がれば上がるほどGS1000も各操作がしっくりきます。
こういうステージだと本領発揮ですね。
効きすぎるかな?と思ってたブレーキも操作しやすくGOOD!
僕の流用ショックとは違いきちんとセットされたサスは挙動を乱すこともなくス~っとコーナーをクリア。
それに引き替え、前を走る自分のZ1000Rは時々踊ってます。。


そしてこの日の宿泊場所「ライダースイン四万十」に到着。

続く

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330

GW後半の4連休にお休みを頂き四国へ修行の旅へバイクで行ってきました。

恐らく今回の旅が僕にとって一回のツーリングでは最長なものになりました。
5月2日の夜にスタートし6日の夕方帰って来る5日間での走行距離は約950km。
九州~四国、四国~九州はフェリーでしたのでそれくらいの走行距離。
ロングツーリングをする人にとっては5日間で950kmは大したことのない距離かもしれませんが、今の僕にとってこの950kmは必然性があった距離。

人との関わり、繋がり、出会い、思想、目標、そして自分自身。
受け入れる所、信念を貫く所。

良い勉強になりました。
帰ってきてブログを書いている今、自分自身を戒める修行だったんだなと改めて思う。

お世話になった四国の皆様、そして各地から集まった愛すべきバイク変態の皆様、本当にありがとうございました。
限られた時間での交流は満足いく会話のできない方も居ましたがこの場でお礼を申し上げます。

さてさて、、そんな瞑想めいた事はこれ位にして事の発端から。
CR-Mキャブレターの検証記事をずっと書いていたことは皆さんご存知でしょうが、装着パーツをリリースされているファクトリーまめしばご一行が四国へツーリングで行かれると聞いてこれは行かねば!と九州よりはせ参じる事にしたわけです。

☆初日
九州より参加の一部がまず集合。
ここからフェリーに乗って四国へスタート。
s-DSC04314.jpg


☆2日目
松山上陸後、道後温泉にて汗を流す。
s-DSC04318.jpg

高松へ移動の道中皆さんセッティングに余念がありません。
s-DSC04320.jpg


高松のノイズさんへ到着。
今回の旅は地元の方々のご厚意により道案内から車両保管まで何から何までお世話になりました。
※写真を撮るのを忘れてましたのでノイズさんのブログより画像を拝借。。毎度のことながら深く反省。。
s-img_256499_2042366_1.jpg


ノイズさんのお客様のご厚意で車両を保管して頂きました。
この時に気付いたのは、ナンバーがてんでバラバラ。
13台で10種類のナンバー。
s-DSC04321.jpg

☆3日目
こんな風景を見ながら高松より高知へ移動。
途中観光をしながらですがこの日は主に移動。
s-DSC04323.jpg


☆4日目
更に台数が増え、途中休憩を挟みつついよいよ修行の場へ。
s-DSC04325.jpg


続く

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330