FC2ブログ
バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
ちょっと珍しいパターンのお客様が来店。
初期型のマジェスティ250にFCRを組まれていてアイドリングがあまりよくないので見て欲しいと言う依頼。250ccのスクーターのカスタムと言えば、外装やマフラーやローダウン等の見た目に関わる事が多いのですがスピードを求めるのは極めて稀。

早速預かった状態でエンジン始動。変なところで息つきを起こすし吹き返しでエンジンがストップ。
状態を把握したところでキャブを外してばらしに掛かります。


ファンネルに付いているフィルターを外しファンネルも外した所で妙な違和感。
付いているはずの物が無い。
画像のドライバーの先にはメインエアジェットが付いている筈なのに無い。。。
不調の原因はこれか?と思いつつキャブの清掃を進めていく。
s-DSC01226.jpg

キャブの中身もそれなりに汚れていて交換部品も出たけどまあ予定通りに終了。
オーバーホール前と後とで比べてみるとどれだけ汚れていたか判りやすい。
しかし、不調の原因はこれだけでは無かった。
s-DSC01227.jpg

この後は画像が無いので文章のみ。

オーバーホールが終わったキャブを取り付けてエンジン始動してみるも、オーバーホール前と比べれば良くはなっているが調子が良いとは言いがたい状態。
混合気の状態が薄い。どうも2次エアを吸っているように思える。
あちこち点検してみると・・・見つけました。不調の原因を!

やはり2次エアを吸ってました。マニホールドから。
アルミのマニの下に樹脂のスペーサーが入っていたのですが、この間から吸ってました。
マニとスペーサーの接触部分が平らではなかったんです。
そこでアルミのマニをオイルストーンで摺って面出し。液体パッキンだけだったのでガスケットを作って間に挟みこみました。

結果は、見事的中!調子よくなりました。
作業後に実送してみましたが250ccスクーターとはいえキャブが変わると走りもこんなに変わるのかとちょっとビックリしました。


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330