FC2ブログ
バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
購入から約1年。動くようになってから約9ヶ月。
その間にウォーターポンプの修理やらなんやらがありましたが、実はエンジン不調がずっと付き纏ってました。

症状としてはアイドリングしない。または回転が落ちない。回転が落ちるとそのままストップ。症状から原因は何となくは判ってました。でも、それを惑わすような事もあってなかなか完調まで行き着きませんでした。

結論を言うと2次エアをクランクのサイドシールから吸ってました。

それってどこの部品?って方もいらっしゃると思いますので写真で説明。
下の2枚の写真の赤丸の中に有るシャフトの根元に付くオイルシールです。
s-20091109195937.jpg
s-20091109195921.jpg

実はここのシールはエンジンオーバーホールの時に新品に変えてありました。だからノーマークでした。症状から2次エアは疑ってたんですがキャブ等の吸気の方しか見てませんでした。まさか新品のシールが不良だなんて。
それと、タコメーターも時を同じくして装着してたんですがアイドリング付近の回転では針が動いてませんでした。そこでどちらかと言えば電装の方を中心に疑ってました。

以前所有していたランナーは友人に譲ってたので、その車輌と僕の車輌の部品を入れ替えてどこが悪いか診断する事にしました。
殆どの電装品とキャブを入れ替えてみましたが、彼のランナーはすこぶる快調。それに引き換え僕のランナーは何を変えても絶不調。元々酷い焼きつきを起こしたエンジンだったのでエンジンそのものが悪いのか?と言う所まで考え込んでました。

そこで、修理の原点に戻り自分の診断力を信じて症状から考えた不良個所の部品を交換する事にしたわけです。そしてシール交換。診断は見事に的中。すこぶる調子よくなりました。
下の写真は 左)不良シール 右)純正の正常なシール
s-20091109200721.jpg

因みにこの不良シールは、インターネットで購入した部品で純正品ではありませんでした。それでもランナー用と言う事で購入したのでまさかこんなことになるとは思っても見ませんでした。因みにそのショップは今は無くなったようです。

見た目も違い、純正はクランクとの接触部分は滑りが良いような材質で出来ている上に硬めのラバーですが、不良品だった物は純正と比較すると柔らいラバーで出来ていました。
因みに純正のシールは2個で¥9300もします。
イタリアの部品だから高いのか、、それともそんな所の部品だから高いのか。
s-20091109195811.jpg

それと、タコメーターの針が低回転で動かなかったのは単純にメーターの不良でした。
2つの不良品に振りまわされた9ヶ月でした。。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330