FC2ブログ
バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
以前からZ1000R関連記事の中でCRキャブについて触れています。
http://prohead.blog83.fc2.com/blog-category-27.html
その中で「ファクトリーまめしば」のまめしばさんが考案したMノズルについての記事を書きました。

今回はその彼の考案したパーツがフル装備で入っている名付けて「CR-M」キャブをお借りすることが出来ました。
下の写真はそのCR-Mキャブを持ってきてくれた北九州のCB750FのHさんとZ1000MKⅡのY子さんのお二人。
まめしばさん曰くお二方ともバイクに関しては変態だそうです。
どうも僕もその変態一派に加えられそうになってますが、僕は変態ではありません。

この日はそのCR-Mキャブは装着せずに、3人でそれぞれのバイクに試乗して感想を交換する有意義な日でした。
しかし、Hさん体大きいですね。Z1000RがZRX400位にしか見えません。
お二人ともにCRキャブを装着されてそれぞれにご自分たちでモディファイされているようです。


そのHさんのCB750F
僕はいつも写真を撮り忘れるんですよね。
Hさんのブログより拝借いたしました。(Hさんすみません)
ストレイガのこのエキゾーストがまた大迫力。
乗った感じですが、CBってこんな加速だったかな?と思わせる今までに味わったことのない異質な感じ。
CB-Fはスムーズに高回転まで伸びていく特徴がありますが、それに力強さをプラスした乗り味。
面白いです。
※Hさんのブログ F's別館 CB750F,CB1000SF,AR80日記
s-CB750F.jpg

こちらはY子さんとZ1000MKⅡ。
まめしばさんのブログより画像は拝借。
(今度からちゃんと自前で写真撮ります。海より深く反省・・・)
見ての通り年式にそぐわないグッドコンディションです。
当然ご自分でキャブセッティングしてます。
Z1000MK2.jpg

この3台共に1970年代後半から1980年代前半に生産されたいわゆる旧車です。
空冷エンジン、細いタイヤ、小径ブレーキディスク、etc・・・・。
いわゆる最新式のパーツなんてほとんど入ってません。
バイクライフの楽しみ方は人それぞれ、千差万別です。
高価な部品を投入しなくとも充分楽しいものです。


僕個人的な意見としてですが、高価なカスタムパーツは目的がはっきりしない場合は要りません。
しかし、機能部品とメンテナンスにはたっぷりお金をかけてください。
乗って楽しめない、楽しくないバイクはそのうち埃を被って乗らなくなります。

誤解があるといけないので一応書いておきますが、高価なカスタムパーツを否定しているものではありません。
この世界に入って20年近くなりますがその中の経験から言うと、雑誌の影響やファッション的にパーツの交換をしてもいつか飽きが来る確率が高いと言う事です。
フルアジャスタブルの高価なリヤサスを入れても、一度もダンパーのアジャスターを回したことのない人のなんと多い事か。鍛造ホイールを入れても空気圧はおろかハブダンパーのヘタリに気を使わない。。とかチェーン&スプロケがご臨終なんて車両をたっぷり見てきました。
それよりも乗って楽しい内面から満足できるバイクの方がいいでしょう!と言う事です。


さて、お借りしたCR-Mキャブ。
どう見ても明らかにおかしいことになってます。
s-DSC03694.jpg

手前)僕のCR33
奥)CR-M31
s-DSC03707.jpg

次の記事までに間違い探ししてください。
続く。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330