バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
春にお預かりしたトライアンフ サンダーバード1600。
カスタムの依頼ですが、一応のここはこんな風にと言う要望はあったものの基本的には お・ま・か・せ・・・・( ̄□ ̄;)
それも東京の方。ツーリングで九州に来てそのまま置いていかれました。

さて、どんな風に仕上げていくか・・・・。相当考えました。ハゲが出来るくらい。
なんせ珍しい車両なだけに社外専用パーツが何一つ無い。
一日中眺めていた日もありました。

手をつける前のサンダーバード。
日本で言えばアメリカンと言う位置づけ?本国ではクルーザー?と、なんとも言えない中途半端な組み合わせ。
ボリュームがある場所と無い場所のアンバンランスさが格好よくない。


まずは大きくてボリュームのあるタンクに負けていたリヤ周りの迫力を出すために、細く長いマフラーを太く短い物にワンオフ製作。
お客様の希望で音量はあまり大きくしてません。
こちらは要望があれば商品化も考えてます。音量は大きくもノーマルくらいでも出来ます。

この時点でこの先の方向性が決定。
スポーツライクなフロント周りを生かしてストリートドラッガー風を目指します。
s-D1020009.jpg

で、カスタム後の姿。
ストリートドラッガーですから車高は落としてます。
ハンドルも幅を狭くして若干手前に絞ってある物をチョイス。
ビレットパーツを所々に使ってカスタム感を演出。
s-D1020004.jpg

画像で見ても解るようにタンクがかなり大きい。
これくらいのマフラーの方がかえってバランスが良いのでは?と自画自賛。
やぼったいリヤウインカー周りも一新。
これも専用ステーなんかはありませんからステンレスでワンオフ。
取って付けた様なシートはリヤを中心に大きく形を変えて表皮をタック&ロールで張替え。
s-D1020003.jpg

お気に入りのショット。
付いてるのが格好悪かったリヤシートは、付いてないと格好悪いくらいピシャッとはまりました。
s-D1020002.jpg

専用パーツが一つも無い車両ですから、本当に頭を抱えました。
基本的に全てワンオフです。
まだまだカスタムの途中ですがツーリングに使われると言う事で一旦納車です。
この後フロント周りと外装に更に手を加えていきます。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/254-7d7a4576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック