バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
エンジンが傾いてたランナーのその後。

まあ2stランナーではよくある話なので原因は解ってはいましたがそこへ行き着くまでが酷かった。
原因はエンジンをマウントしているアーム内のブッシュが磨り減っているもの。
↓画像は原因となるアームを外した後ですが、場所はどこかと言うと・・・


青い囲み部を貫通しているシャフト。
これが抜けないんです。
s-DSC02587.jpg

パーツリストで確認すると解りますが、アームにスリーブ①が入ってその中をシャフト③が貫通してます。
このスリーブとシャフトが錆で完全に固着状態。
大ハンマーで叩きまくってもビクともしません。
仕方ないので↑画像の黄色の囲みの部分。フレームとアームの隙間からエアソーを突っ込んで切断です。
partslist01.jpg

何とか取れました。
1番上が切断したシャフト。
2番目がもう一本のスリーブ。
3番目が新品スリーブ。
s-DSC02598.jpg

スリーブを抜いたアームに残ったブッシュ。
磨耗して楕円になってます。
s-DSC02590.jpg

外したブッシュと新品ブッシュ。
これではエンジンも傾くというものです。
s-DSC02597.jpg

走行距離が伸びた2stランナーの消耗する箇所の一つです。
と言う事は他にもあるのか?

続く。。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/321-dbeeca81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック