バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
連休も終盤を迎えてきましたが、皆さんお出かけですかね?
当店は来週の5月11日まで休みはありませんので、遊びに来て下さい。


エンジンマウントが修理できたランナーですが、今度はそのマウントに載せるエンジンの修理です。
2stランナーの持病の一つ、ウォーターポンプからのクーラント漏れ&ベアリングの固着。

幸いにもこの車両はクーラント漏れは発生してませんでしたが、エンジンを分解するので同時に交換です。
ポンプのハウジングというものは個別にはなってなくて、エンジンのケースその物にインペラーやベアリングを組み込むタイプになってますのでその部品の交換です。

左)外したポンプのベアリングやシャフト
右)新品

クーラント漏れは起こしてませんでしたがベアリングは既にガタがきてました。


部品をバラバラにした状態。
まずはケースにシールを打ち込んで残りの部品を組んでいくわけですが、このシールを打ち込むのが何度やっても苦手です。自分のランナーですが、組んで数日でクーラントを漏らした事もあります。
s-DSC02568.jpg

そういえばシールを打ち込む専用工具が有った筈!と思い調べてフムフム。。
これならば自分で作れそうだ。。。
材料は・・・・・ハヤブサの純正ハンドルバーが使える。
それにちょっと被せ物をして削ること約30分。
s-DSC02573.jpg

できたものにシールを被せて・・・・
s-DSC02575.jpg

ケースに打ち込む!
お~~~~(ノ゚ο゚)ノ
なんて簡単!
昔の苦労は何だったのだろうか。
s-DSC02576.jpg

ポンプが付けば残りはもう少し。
もうちょっと続く。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/323-b7d4e9f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック