バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
昔、何かの雑誌のコラムで呼んだことがある内容ですが「足回りや車体を幾ら整備してもエンジンに違和感があると全てがダメになる」と言う内容。
逆にエンジン等のパワートレイン系が良ければある程度の他の部分の不満は目をつぶれると。

その時の影響が大きかったのかエンジンを中心に勉強し始めて今に至ってます。


そんなことを思い出してしまうようなメンテナンスです。
エンジンの調子が悪いと言うZX11。
走行距離も伸びてないし、どちらかと言えば程度は良い方の車体。
しかし、アイドリング~ がおかしくてエンジンが止まってしまう事が頻発。
感覚としてはキャブかな? それとも年式からいって電装系かな?
という感じ。
10年前にダイノジェットを組んでいるらしくそれが調子を崩している原因かと思いキャブをご開帳。


結果は見事にハズレ。
それでもズレている所があったのでそこは調整。
原因が解らずに頭を抱えていた所にオーナーから情報が。

「ネットで見たのですが、もしかしたら ・・・・・・・ では?」

あっ!
年式がこれくらいだから・・・・・。
見事に一致。

原因はここ↓
s-DSC02660a.jpg

バルブクリアランス。
この頃のカワサキってバルブが磨り減るトラブルが時々あったのを忘れてました。

整備って症状から予測を立てて原因を追究していきますが、思い込みがあると足を引っ張られます。



あ~そう言えばバイクの調子ですか?
良くなりましたよ。
バッチリ!
オーナーは満面の笑みで帰っていきましたが、僕は自分の未熟さを痛感していたのでした。。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/327-a4e6b916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック