バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
3週間ほど前の日記に書いた「COMING SOON」の記事。
遂に着手です。

車両は'83 Z1000R2


僕がバイクに乗り始めた時代はまだまだ大型教習というものが教習所で行われてなく、大型バイクに乗るためには運転免許試験場で限定解除の試験に合格しなければならなかった時代でした。
そんな事情があった時代ですから250ccか400ccのレーサーレプリカが全盛でした。

限定解除の1回の受験者が50~60人。そのうち合格するのが3~5人。
その試験も予約制で自分の順番が回ってくるのが1ヶ月~1ヶ月半に1回。
不合格だったら帰り際に次回の予約をしてから泣きながら帰ってました。。。。
そんな難関に挑戦し続けること○回目で合格したのが19歳の時。

僕がその試験を受けていた当時、入り浸っていたバイク屋の社長が合格のご褒美に乗せてくれたのがこのZ1000R2その物です。
そのR2も僕が最後に乗ったのが約20年前のこと。
その後何回動かされたのかは知りませんが、少なくとも10数年は眠ったままの状態。

今回僕がレストアを担当する事になり約20年ぶりに復活させることになりました。


細かい部分を見て行きます。
車体ナンバーからZ1000Rと言うのが解ります。
Z1100GPやZ1000JベースのR仕様ではありません。
とは言ってもRはJをベースに作られてますから違いと言ってもフレームナンバーと細かい部分位で基本は変わりませんが。
s-DSC02904.jpg

この車検ステッカーって、、いつの時代?
s-DSC02937.jpg

実走行距離で10730km。
28年前のバイクでこの距離は走ってないほうかな?
s-DSC02978.jpg

タイヤの製造年月日が1993年。
この事からも相当長い間眠っていたのが解ります。
s-DSC03060.jpg

余談ですが、ゼファーシリーズはかの名車「Z1」「Z2]をモチーフに作られています。
そしてZ1000R、通称ローソンレプリカをモチーフに作られたのがZRXシリーズですね。

こんな感じで、レストアとそれにまつわる時代背景の四方山話を交えながら不定期にゆっくり復活させていきます。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/357-697cc85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック