バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
今現在当店には、ブログのネタになっているZ1000Rを含めてエンジン関係の仕事が4基入庫中です。
それは4サイクルのリッタークラスであったり、2サイクルだったり。

それが最近のバイクであればオーバーホールに関わる部品は比較的入手しやすいのですが、これがこと旧車となるとそう簡単にはいかない場合も少なくありません。
その中でもカワサキのZ系と言われる空冷4気筒の車両に関しては、皆さんもご存知のように人気が高い為か純正、社外を問わずパーツが豊富に揃ってます。

しかし、同じ年代のホンダCB-Fシリーズは欠品パーツが多い為に、オーナーの方々も乗り続けるのに苦労されているようです。
今回はそのCBのネタです。


交換依頼のあった部品はスタータークラッチ。
純正は3点のローラーでクランクを回します。
これが時と共に劣化し滑りを生じてエンジンが掛からなくなります。
今回使うのは、「ジェイズ」さんのオリジナル強化品。

左)純正 右)ジェイズ強化品


純正は組立式なのに対し強化品は一体式。
この組立のボルトがよく揺るみますから一体式は有り難いですね。
それに純正が先に書いたように3点支持ですが、強化品は22点支持。
中の画像を取り忘れました。
s-DSC02795.jpg

取り付けは純正通り。
遠心式の進角装置が時代を感じさせます。
s-DSC02797.jpg

デビュー時に最先端であった物も30年も経てば更に良い物がでます。
そんなパーツを旧車に合わせてデリバリーする会社があればこそ乗り続けられるというもの。
ありがたいです。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/363-8be652d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック