バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
まずはお知らせ。
9日(日)に開催されましたドラッグ友の会の画像をHPにUPしました。
http://prohead-mf.com/drag/tomonoakai.htm
リザルトは後日集計して載せますのでいま暫くお待ちください。


さて本題。。
不定期連載と言いながら書き続けて今回で「その14」

電装品やハンドル周りその他のパーツを取り付けて、いよいよZ1000R2も完成に近づいてきました。
エンジンの色が黒からシルバーに変わったのでイメージが大きく変化してます。
マフラーはBLファクトリー製4in1スチールメガフォン。
キャブはFCRからCRへ。
バッテリーも当時の開放型からMFタイプへ変更。
s-DSC03355.jpg

こちらは作業前の姿。
マフラーはその当時OVERでワンオフ製作してもらった物だそうです。
s-DSC02901.jpg

左側の画像。
s-DSC03354.jpg

強制開閉キャブ使用にあたっての改造点を一つ。
純正のキャブは負圧式でスロットルが1本引きです。
社外の強制開閉式を使う場合は2本引きが必須になりますので社外スロットルが必要です。
ハンドルスイッチの外側にスロットルを取り付けますからかなりの幅が必要になってきます。
ここで一般的には薄型スイッチボックスに交換して幅を詰めますが、この特徴的なスイッチボックスはそのまま活かしたい。
と言う事で不要になった黄色の枠の部分(純正スロットルパイプが入る部分)を切断して幅を詰めます。
s-DSC03180.jpg

いかがですか?
その当時の貴重なパーツを削るのはいささか気が引けましたが、出来上がってみれば良い感じ。
薄型スイッチも買えば高いですし、なんでもかんでも現代パーツに置き換えるのはそのバイクの個性が無くなりかねないのでこのモデファイは我ながら満足。
s-DSC03181.jpg

次回は車検の準備等の作業です。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/385-574629ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック