バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
当店のガレージを愛用していただいているE君。
この度大型バイクを購入されて入れ替えでZZR1100Dがやってきました。

購入前にどんな車両が自分に合うのだろうか?って事を色々相談したうえで乗りやすい車両ということでこれを買ってきたようです。

が、乗ってきて一言「乗り難い」
ZZR-Dが乗り難い?そんなことあるわけないだろ。。。。
と思いつつ点検してみるとリヤタイヤのサイズが190へ上げられてました。
おまけに製造年月日が相当に古い。
それにステムのベアリングが既に死んでます。

これでは怖い事この上ないでしょう。

と言うことで前後タイヤ&ステムベアリングを交換です。


まずはタイヤを交換。
リヤタイヤを外してみると・・・・・・パンク修理剤がてんこ盛り。
s-DSC03441.jpg

パンク修理剤を勘違いしている人が結構多いいのですが、このタイプはあくまでも緊急用です。
中に入れておけばいざという時にでも安心!!ではありません。
予め入れておいていいのは、強いて言えばチューブタイプです。
チューブレスに入れっぱなしにしておくとホイールが錆びます。
水分を入れるのですから当然そうなります。
タイヤ交換の作業よりもこびり付いた汚れを取る方に時間がかかった事は言うまでもありません。
s-DSC03440.jpg

ステムのベアリングは写真撮り忘れました。
作業後に試走して来ましたがスムーズに乗りやすくなりました。

購入後すぐにメンテナンスが必要になるなんて買う側からすれば憤慨ものです。
しかし、今の世の中高い物は売れないのはどの業界でも同じ事です。
そこのせめぎ合いがなかなか難しいところですね。

売る為に安くする → 車両整備に手がかけられない → 購入後すぐにトラブル → 安く出してるので保障修理をしたがらない → お客が他の店に流れる、又はバイクをやめる → バイクが売れないとボヤく。

今はネットの時代ですから大概の物は安く手に入ります。
そんな時代ですから販売店は身を切る思いで安くせざるを得ません。ですがここにトラブルの元が潜んでます。それに一部の購入側の意識の低下も加わって更に悪い方へ転がっていきます。

通勤や仕事で使ってる人は別として、基本的にバイクは趣味の物という意識を持った方がいいです。
そして趣味は金のかかる道楽と認識する事。
そう考えればどうするべきか方向が見えてくるのではないでしょうか?

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
早い遅いは二の次。乗り易いのが一番です。

例の車両の件は先方に連絡済みです。
水曜日に画像撮っておきます。
2011/11/21(月) 10:09 | URL | prohead@ken #-[ 編集]
ありがとうございました!

別物かと思うくらい乗りやすかったです。今後も色々と宜しくお願いします。
2011/11/21(月) 06:00 | URL | emu- #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/401-21e393f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック