バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
ここ最近はイベントやパーツに関する記事ばかりでしたので今回はメンテナンス系の記事を。


走行中に突然エンジンがストップしたGSF1200が入庫。
詳しく聞くとガス欠のようになったので燃料コックを切り替えた途端に症状が出たらしい。
過去にそんな症状の車両を修理したことがあったのでなんとなく予想はしてました。

迷わずキャブのドレンからガソリンを抜くと・・・・・。
案の定、、、水です。。
それも錆びた水。
s-DSC03519.jpg

タンクの中を覗くと・・・・・
コックの周りに錆が発生しています。
s-DSC03522.jpg

タンクから抜いたガソリンには水が混入して錆水になった液体が大量に出てきました。
タンクの中のガソリンは全部抜いてタンク内の錆取り決定。
この調子ではキャブも怪しいもんです。
s-DSC03521a.jpg

キャブもオーバーホールしようと車体から外してみてみるとかなりの汚れ。
メインボア内の煤の付き具合も凄まじいものがありますが、外観的な汚れも相当なもの。
s-DSC03562.jpg

吸い込み口もかなり汚れてます。
これではエンジンがストップする前も調子が悪かったのではないでしょうか。
s-DSC03564.jpg

続く

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/412-1abf035f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック