バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
さてさて今週末の新年会の芋煮会ですが、天気が何とも言えないというか曇りの予報が出てますね。
屋内のイベントですから雨でもやりますのでドシドシお越しくださいませ。


今回のネタは車体の傾き調整のZZR1200。
オーナーが小柄な方でローダウンさせたら、サイドスタンドを出した時に車体が立ち過ぎて怖いと言うことでサイドスタンドの加工です。

まずは現状確認。
デジタルの上等な傾斜計ではありませんがこれでも傾きを確認するには充分。
持ち込まれた状態で測ってみると約4度。

車体を起こす時にスッと起こせて、また安定して置ける角度は僕の見解では約10~12度ですのでこれでは起きすぎです。これよりも傾けば安定はしますが起こす時に相当な力が必要です。
車体によってサイドスタンドの位置が違うので適正な傾きは変わってきますが上記の範囲内にほとんどの車両は収まります。


これだけサイドスタンドを切り詰めます。
s-DSC03583.jpg

左が加工前のスタンド。 右が加工後のスタンド。
s-DSC03582.jpg

加工後の傾きを測ると11度。良い感じに収まりました。
s-DSC03584.jpg

ドラッグレーサーを作るときにローダウンは必至ですから、僕のハヤブサはタイヤやサスペンションの有無等に合わせて3本のサイドスタンドを作ってます。
社外品は高いですから純正を加工した方が安く上がりますし、見た目は純正チックに仕上がります。
因みに、僕の所有する全てのバイクはスタンドに加工を施して適正な傾きに補正してあります。

こんな事も相談して頂ければ解決策を考えます。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/423-01ee1146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック