バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
ゼロヨンフェスティバルへの仮エントリー受付中です。
仮エントリーで台数が集まらなければ、当然本エントリーどころか大会が開催できません。
今回が開催できなければ今後への道が閉ざされる可能性が大です。
興味本位で結構ですので、是非ご参加ください。



今回はメンテナンスの小ネタです。

エンジンの(キャブ)の不調で入庫したCB400four。
メーターの照明が点かなくなったのも一緒に修理してほしいと言う事で電球を交換するも点く気配なし。

原因を追究するべくメーターを外し配線を調べると、配線図上の同系列の配線で導通する所と導通しない所を発見。
ただ、明らかに後から修理を施したような、+の電気をバイパスした箇所を発見。
疑問に思いつつも配線の束の被覆を剥がして中を見ると水がたっぷり侵入。
そして・・・・・・
s-DSC03660.jpg

はい、綺麗に切れてます。
錆です。被覆についている青っぽい錆は銅独特の青錆。
s-DSC03659.jpg

スリーブで繋いで上からカバーをかぶせて修理完了。
過去の修理の時点ではここまで酷くなかったんでしょうが、錆が進行していよいよダメになったんでしょうね。
s-DSC03661.jpg


さてお次はハヤブサ。
エンジンオイルとオイルフィルターの交換でアンダーカウルを外してさあフィルター交換。。
と、しゃがんだ僕の目の前にはエンジンマウントボルト&カラー。





なんか変・・・。
s-DSC03507.jpg
ボルトを緩めてカラ-を浮かせるとこんな感じ。
s-DSC03508.jpg

マニュアルではこんな感じ。
カラーが逆に入ってました。
s-DSC03873.jpg
聞けばエンジンを降ろす修理を過去にやったことがあるとか。
たかがカラー。
されどカラー。
これの入れ替えはエンジンを降ろす又は降ろす寸前までズラすしか出来ません!
当店でやれば当然修理代が掛かります。
お客様は修理をしたバイク屋へ持っていかれました。

明日は我が身。
一つ一つきちんとこなしていきましょう。

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/439-73b610a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック