バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
店休日のお知らせ
5月3日~6日の4日間お休みをいただきます。
よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------


さて以前よりCRキャブレターの検証記事をかいてますが、キャブに使うグリスについての実験も並行してやってました。
今回はそんなネタ。

ケーヒンのFCRの指定グリスと言うものがあります。
NOKクリューバー BARRIERTA(バリエルタ) L55/3
このグリスはガソリンに溶けない性質を持ち合わせているのでキャブには最適と言うわけです。
ただ難点もありまして、お値段が兎に角高い!
1㎏当たり26万円~30万円はするかと言う代物。
おいそれとは手が出せませんね。
ネットでも書かれているのは大体その金額の高さですし、実際のユーザーの声もその点につきます。

L55/3は1㎏缶と100g缶の設定あり。
L55/2は1㎏缶と75gチューブの設定があります。
両者の違いは稠度のみ。
ネットでも比較的手に入りやすいのはL55/2の方で、僕も以前よりこれを使ってました。
しかしCRキャブを色々といじくりまわしていて気が付いた点があります。
それは、セッティングやオーバーホールをショップでは無くユーザー自身で手を入れているパターンが多いと言う点。
そしてそんなユーザーから聞いた生の声は「グリスが高価なのでバラした時にも洗い流さないようにしないといけない」というもの。

そこで、もう少し手に入れやすい現実的な金額(値段そのものが安い、若しくは少量での販売)でデリバリー出来ないか!
と、ある海外のオイルメーカーに申し入れてみました。
先方のメーカーは工業系の油脂メーカーで、大型機械に使う油脂を大企業相手に販売しているメーカーです。
エンドユーザーからのそんな申し入れは今までに無かったようで興味を示して頂きました。

そして後日サンプル品が届きました。
左がサンプル品。右がバリエルタL55/2
サンプル品もバリエルタL55/2もフッ素系グリスで稠度も同じ2。
比較するにはバッチリです。
s-DSC04111.jpg

ガラスのジャム瓶にグリスとガソリンを入れてどれくらいの期間で溶けるのか実験です。
s-DSC04115.jpg

左から、バリエルタ/サンプル品/ワコーズシリコングリス/SFRモリブデングリス/MOTULテックグリス/AMALIEマルチパーパスグリス
以上6点で比較してみます。
s-DSC04114.jpg

グリスを入れた瓶にガソリンを注いで実験開始。
念のために言っておきますが、今回はあくまでも対ガソリンの検証です。
バリエルタとサンプル品以外は対ガソリンを目的に作られた物では無いので、仮に早々に溶けてしまってもそのグリスの性能が悪いと言うわけでは無いと言う事を覚えておいてください。
s-DSC04117.jpg

因みにこの2点も本来は対ガソリン目的に作られた物では無いんですけどね。

続く

プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/466-c330d49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック