バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
お知らせ
7月1日の予定されていました九州ドラッグ友の会は諸事情により中止となりました。
エントリー予定の皆様、又既にエントリーされている皆様にはご迷惑をおかけします。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------


前回からの続き。。
内圧コントロールバルブの効能については前回書きましたが、実際のインプレッションはどうなのか?

正直言って、、、解る人には解る、解らない人には解らない・・・。
付けた人によって意見は様々ですね。

Q1)では僕のバイクには付けてないのか?
A1)Z1000Rに付いてます。
Q2)変化はあったか?
A2)高回転域の伸びが若干良くなってエンブレが柔らかくなった。

と言ったところです。
しかしながら、この手のバルブを付けた車両が巷でトラブルが発生しているとも小耳に挟んでます。
当店では主にレデューサーを取り扱っていますが今の所当店では問題は発生しておりませんが。
全ての事例を聞いているわけではありませんのでハッキリしたことは言えません。
ただ、社外パーツの宿命として純正部品よりもはるかに早いサイクルでのメンテナンスが必要なのは言うまでもありません。

エンジンから吹き出すブローバイガスにはオイル分と水分が含まれています。
それが混ざり合うとドロッとしたクリーム状に乳化してバルブに付着します。
そしてそのまま放置しているとバルブの作動不良を起こしますので、本来抜けるはずのブローバイガスが抜けなくなって内圧が高まりオイル漏れの原因になったりします。

全てのエンジンに確実に効果があってお勧めです!と書けないのはそう言った側面も持っているからです。
デリバリーしている各社のバルブがそれぞれのメリット、デメリットがあるでしょう。
導入する際にはその辺りも考慮したうえで、頻繁に点検&メンテナンスを行える環境の元で楽しまれた方が良いかと思われます。



注意点が長くなりましたが、上記の様な事を踏まえた上で今現在Z1000Rに付けているレデューサーを外すつもりは無いのか?
と聞かれれば答えは「YES」です。外すつもりはありません。
と言うのも内圧コントロールに関しては以前よりバルブを使わない方法でドラッグレーサーのハヤブサでもやっているくらい興味がある事なんです。

Z1000Rにはそれをもう少し進めたやり方で内圧コントロールをやってます。
その為にバルブが必要なんです。
詳しい事は別の機会にでも書くとして取り付けの方法です。

通常は円筒形のシェルの中にバルブが入っててホースの途中に割り込ませるのが一般的なのやり方です。
僕はキャッチタンクに内蔵するタイプを使ってます。
s-DSC03961.jpg

ベースをキャッチタンクに溶接で取り付けるのです。
s-DSC03962.jpg

溶接中。
s-DSC03965.jpg

取り付けたベースにバルブを組み立て。
s-DSC03971.jpg

見た目には何の変哲もない普通の光景ですが黄色の矢印の先にレデューサーが内蔵されてます。
カウルの無い車両なので外して掃除するのも簡単です。
s-DSC04474.jpg

店によってはお勧めしない所もあるようです。僕はそれに関してはそれもアリだと思います。
もし導入を考えている方がいましたら販売店でよく相談されてみてください。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
オリジナル商品販売のお知らせ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
耐ガソリンフッ素グリス
¥2500(税込)/1個(10g)
s-fusso.jpg
キャブレターオーバーホール時に便利なガソリンに極めて溶けにくいグリスです。
このフッ素グリスの検証は以下のカテゴリーにまとめてありますのでこちらを参照ください。
http://prohead.blog83.fc2.com/blog-category-32.html

購入希望の方は店頭でのご購入、またはメールでご注文下さい。
e-mail  pro-head@juno.ocn.ne.jp
メールでの注文の方は下記内容をお知らせください。注文内容の確認と振込先を追ってお知らせします。
・郵便番号 ・住所 ・氏名 ・電話番号 ・購入希望個数
レターパック350で発送しますので、希望個数+送料¥350となります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------------


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/483-b7f5401a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック