バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ドラッグ友の会参加者募集のお知らせ

開催日時  2013年7月21日 午後3時~5時までの2時間
参加費  15000円

6月9日中止日程の延期分です。台数が増えれば走行時間も増えます。
多くのご参加お待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

点火系電装品の話ばかり書いてますが、一般整備もやっておりますのでそちらの記事は落ち着いたらUPしていきます。
前回の記事のfacebookページのイイネの数が過去最高を記録しました。
興味を持ってアクセス頂いているようで書いてる側としてはホッと一安心です。


前回はV-UP装着前後の電圧の具体的な数値を書きましたが、これはきちんと整備された車体での数値ですのでこれを下回る場合もあります。
それとウオタニSP-2装着というのも頭に入れておいてください。
因みにウオタニではIGコイルの2次電圧は40000ボルトを発生するとなってますがこれはあくまでもIGコイル単体での話です。
実測値はコードやキャップ&プラグが付いて、且つ圧縮されている燃焼状態での値ですので、前回の記事中のボルト数とは計測する箇所や状態が違いますから一律に判断しないでください。



さてさて、前回の記事の最後に「ではこれは良い事ばかりなのか?」「また、これを付けさえすればいいのか?」
と、書きました。改造を行うわけですから良い事ばかりではありません。当然リスクも多少伴います。

ではまず「ではこれは良い事ばかりなのか?」ですが、12ボルトで作動するように設計されている所へ16ボルトを流すわけですから負担が掛かります。
具体的にはIGコイルとプラグの消耗が早まる事は容易に想像出来ます。
電圧が上がると言う事は、そこに流れる電流値もあがります。
現在付いている点火システムよってはヒューズが飛んだりすることも考えられます。
製品を作られているツイントップさんのサイトにも書いてありますが、今回僕が装着していたSP-2には問題なく対応しています。

ではそれ以外の具体例としてダイナ2000が付いている僕のニンジャにも付けてみました。
その時の電流値をアンメーターを付けて実走にて計測してみました。
画像の矢印の部分にアンメーターを装着。
メーターがいっぱいでゴチャゴチャしててあまり好きではありませんがデータ取りの為に仕方ありません。
s-DSC_5783_20130620112702.jpg
☆仕様 ダイナ2000/2.2ΩIGコイル/V-UP16/NGK CR9E
 1000rpm・・・・3.2A(アイドリング)
 3000rpm・・・・5.1A
 5000rpm・・・・9.5A(最大値)
以上の回転では電流値は下がっていきます。
ヒューズは10Aなのでギリギリです。
一寸したことでヒューズが飛ぶことも考えられますのでこの数値では安心して走れません。

因みに電圧はV-UP装着前12500V。装着後17000ボルト。
内容の割にはかなり低い数値です。
これには思い当たる節があって、使っているIGコイルが古いので能力が落ちているのは想像に難くありません。
そこで長年使っていた2.2Ωのコイルからダイナコンパクトコイル(3Ω)へ変更。
s-DSC_5813.jpg
IGコイルを2.2Ωから3.0Ωへ交換しての比較結果です。
☆仕様  ダイナ2000/ダイナコンパクトコイル3.0Ω/V-UP16/NGK CR9E
 1000rpm・・・・3.2A(2.2Ω) → 2.1~2.3A(3.0Ω)(アイドリング)
 3000rpm・・・・5.1A(2.2Ω) → 3.2A(3.0Ω)
 5000rpm・・・・9.5A(2.2Ω) → 6.4A(3.0Ω)(最大値)
以上の回転では電流値は下がっていきます。
電圧は22500ボルトまで上昇。
コイルの抵抗値が上がっても電圧が上がった背景はやはり経年劣化のせいでしょう。
そして抵抗値が上がれば消費電流は下がります。

これだけ発生電圧が上昇すれば実走でも別物。
何しろV-UP装着前&2.2Ωコイルでは最大12500ボルトしかなかったものが10000ボルト加算されて22500ボルトになったのですから。


しかし、ここで疑問を持たれた方もいるでしょう。
前回書いたSP-2よりも発生電圧が低いくせに消費電流が高いのに何故ダイナ2000を使い続けるのか?
そこには使用用途と点火時間その他が関係してます。


それはまた次回に。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オリジナル商品販売のお知らせ
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
耐ガソリンフッ素グリス
¥2500(税込)/1個(10g)
s-fusso.jpg
キャブレターオーバーホール時に便利なガソリンに極めて溶けにくいグリスです。
このフッ素グリスの検証は以下のカテゴリーにまとめてありますのでこちらを参照ください。
http://prohead.blog83.fc2.com/blog-category-32.html

購入希望の方は店頭でのご購入、またはメールでご注文下さい。
e-mail  pro-head@juno.ocn.ne.jp
メールでの注文の方は下記内容をお知らせください。注文内容の確認と振込先を追ってお知らせします。
・郵便番号 ・住所 ・氏名 ・電話番号 ・購入希望個数
レターパック350で発送しますので、希望個数+送料¥350となります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/624-f5ce7183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック