バイクのカスタム&メンテナンスがメインのお店で、レンタルガレージもやってます
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ドラッグ友の会参加者募集のお知らせ

開催日時  2013年7月21日 午後3時~5時までの2時間
参加費  15000円

6月9日中止日程の延期分です。台数が増えれば走行時間も増えます。
多くのご参加お待ちしております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回は殆ど文章です。。


前回書いた「何故ダイナ2000を使い続けるのか?」からの続きです。
が、その前にいろんな点火システムでの発生二次電圧を一覧しておきます。


まず一般的なキャブ車両についている2個のIGコイルを使った4気筒車両の場合で話を進めます。

☆新車に近い状態のゼファー750で点火システムは純正のまま・・・・約14000~15000ボルト。
  V-UP装着・・・・約19000ボルト。

☆ウオタニSP-2・・・・約16000~17000ボルト
  V-UP装着・・・・・約25000~26000ボルト

☆ダイナ2000・・・・約15000~16000ボルト
  V-UP装着・・・・・約22000~23000ボルト

以上はシステムが新品に近い状態での値です。
純正の点火システムでも新品状態であれば意外と電圧が高いんです。
そして、その純正の点火システムで年数が経っている車両の具体例をいくつか。

☆1986 GPZ1000RX(走行距離 約10000km)・・・・12000~14000ボルト
☆1993 ZZR1100D(走行距離 約60000km)・・・・9000~11000ボルト
☆1982 CB1100F(走行距離 約30000km)・・・・8000~10000ボルト
☆1979 Z1-R(走行距離 約10000km)・・・・4000ボルト

使用距離もですが使用期間によっても経年劣化で悪くなっていきますから調子良く乗ろうと思えば、純正でも良いですから新品にリフレッシュした方が良い事は間違いありません。

上のZ1-Rはかなり極端な例です。
実は昨年2012年の10月に一度記事にしてます。
点火系電装一新・・・・・Z1-Rの巻

元々は純正のポイント点火のシステムで入庫してきたのですが、エンジンは掛かるがまともにアイドリングしないと状況。
そこでイグニッションアナライザーで電圧を測定した結果なんと驚愕の4000ボルト。
これではエンジンが掛かるのが不思議な状態です。

最終的にはウオタニSP-2に一新されましたがポイント点火が悪いとは思いません。
オーナー様が、接点方式のポイント点火よりも現代の方式の方が安心だからと言う選択です。

電圧が低かった最大の原因は新車から装着されていたIGコイル。
これを新品にして、ポイントとコンデンサーとそれぞれをつなぐハーネスも変えれば激変していたと思います。
SP-2装着で発生電圧は上に書いたのと同じ電圧を発生してアイドリングも安定し、スロットル開け始めからトルクフルな乗り易いフィーリングに変わったことはいうまでもありません。



前置きが相当長くなりましたが本題に。
どれくらい前でしたでしょうか?ダイナ2000のユニットがすぐ壊れる!!なんて噂がでたのは・・・。
その辺りを境にウオタニSP-2が急速に勢力を伸ばし始めたような気がします。

車種によりけりですが、どちらもそれ単体でエンジンを始動させることができる点火システムです。
デジタル制御の高性能点火システム。
それだけの事なら壊れにくいSP-2の方がイイに決まってます。
でもそれぞれに特徴があるわけでして、そこに今回の僕がダイナ2000を使う理由があります。


プラグに元気よく火を飛ばすのは電圧が重要なのは先述したとおりですが、実は点火時間も関係しています。
最近のダイレクトイグニッションは今回は置いておくとして、2個のIGコイルを使った4気筒車両の場合。

純正・・・・0.6~1.0ms
SP-2・・・・1.3~1.5ms
ダイナ2000・・・・1.7~2.0ms
※純正は色んな車種で測りましたので計測値に幅があります。

仮に発生電圧が同じでも点火時間が長ければそれだけ着火性能も上がると言うわけで、そこにこそ今時の社外点火システムの意味があると思います。
では点火時間が長ければいいのか?
単純にそういうわけではなく、放電時間が長ければそれだけ消費電流も大きくなります。
なので前回僕のGPZ900Rで電流値を計測したのです。
因みにSP-2では放電時間も管理してますので、純正よりも放電時間が長い割には消費電流値はかなり低めです。
そこへ持って来てダイナ2000は時間までは管理されてませんので、別の社外品を組み合わせるのであれば電流値の計測は必要不可欠だったわけです。

ダイナからSP-2へ変更しない理由は他にもあって、これは元々ドラッグ仕様で作っていたものですから色んなデバイスが他にもくっついてるわけでしてこれを外すのもちょっとね~・・・と言うのがもう一つの理由。
それとピックアップ。。キュ、ボ~ン!ですよ。
何のことか解りますか?
s-dyna_2000.jpg


長々とマニアックな話にお付き合い頂きましてありがとうございました。。
この続きはまたいつか。。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
オリジナル商品販売のお知らせ
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
耐ガソリンフッ素グリス
¥2500(税込)/1個(10g)
s-fusso.jpg
キャブレターオーバーホール時に便利なガソリンに極めて溶けにくいグリスです。
このフッ素グリスの検証は以下のカテゴリーにまとめてありますのでこちらを参照ください。
http://prohead.blog83.fc2.com/blog-category-32.html

購入希望の方は店頭でのご購入、またはメールでご注文下さい。
e-mail  pro-head@juno.ocn.ne.jp
メールでの注文の方は下記内容をお知らせください。注文内容の確認と振込先を追ってお知らせします。
・郵便番号 ・住所 ・氏名 ・電話番号 ・購入希望個数
レターパック350で発送しますので、希望個数+送料¥350となります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


プロヘッドモーターファクトリー
http://prohead-mf.com/
TEL/FAX 092-834-9330


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://prohead.blog83.fc2.com/tb.php/625-3a27a957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック